1/365

龍のコインが来て、そして ①中臣モカマタリ

龍のコインが来て、そして

1.
『寝返りするコイン』

家に帰ると、財布から小銭を全て出すことにしている。ある日、いつものように硬貨をトレーに移していると、見慣れないコインが混ざっていることに気づいた。

日本の古い硬貨。明治三十年、五十銭とある。いつ紛れ込んだのだろう。フリマサイトなんかで売れるかなと思って調べてみたけれど、値打ちのあるものじゃなかった。

裏返すと龍の模様がある。へえ、龍の模様がある硬貨なんて日本にあったんだ。思いついて、占いをしてみることにした。コインを投げて、龍の方が出たら、これからしばらく素敵なことが起こる。出なければ、現状維持、今のまま。

トスしてみた。案の定、五十銭と書かれた、龍がいないほうが出たので、そのまま棚に置いた。まあそんなものだよね、いまの私って。お気に入りのブローチもなくしてしまったし。

でもまさか、そのコインが、夜の間に寝返りを打つだなんて。
翌朝、龍がとぼけた顔で上をむいていた。

 

—第2話につづく

中臣モカマタリ / Novelist