1/365

お裾分け好きの裾野さん 第一話柊 織之助

仕事終わりのホットミルク。なんて優雅なことができるわけもなく。私は今日もくたびれたジャケットをリビングに脱ぎ捨てて、ベランダ際でビールを煽っていた。

会社に入って十年近く。プライベートにすら女っけがなくなってしまったのは数年前くらいから。すっかりヨレヨレのワイシャツとビールが似合う女になってしまった。

「……もうなくなっちゃった」

毎日飲んでいるせいか、ビールの消費が激しい。
重い腰を持ち上げ、ベランダ際から離れた。

——ピーンポーン

誰だろう。宅配便が来るような時間じゃない。

——ピーンポーン。

服も直さず、手に持った空き缶も捨てぬまま玄関に向かう。

「今行きますよ〜」

「あら」

そこにいたのはなんとも珍しいお客さんだった。私よりも高い背に、ゆったりとカールさせた茶色の髪。セミロングの髪は夜風に揺られていた。おばさま、というには若くみえるが、私よりは年上そう。

「あの、カレーを作りすぎてしまったの。食べてくださらないかしら」

上品なおばさまは、突如お鍋と共に現れたのだった。

 
——第二話へつづく…

Orinosuke Hiiragi / Novelist