1/365

お裾分け好きの裾野さん 第二話柊 織之助

「この五穀米と一緒に炊くとおいしいのよ。カレーライスにも合うし」

帰ってもらうタイミングを逃した。と思った時にはすでにお客さまはキッチンに立っていた。裾野(すその)さん、というらしい。最近、隣に引っ越してきたという。そういえば、挨拶してもらったな。酔っていたけど。

「琴乃(ことの)ちゃんはカレー好き?」

「えっと……好きです」

琴乃ちゃん。なんて呼び方は子どもの時以来かもしれない。お母さんがよくこうやって呼んでくれたな。

「母がよく作ってくれました」

「いいわね。今もちゃんとお母さんと連絡とってる?」

「忙しくて」

なんて話をしていると、炊飯器がピピッと鳴った。裾野さんが炊飯器のフタを開ける。ふわぁっと湯気が天井までのぼっていった。しゃもじで裾野さんがご飯を平皿によそい、カレーを上からかけていく。

「さ、食べてみて」

「あっ……美味しい」

じわっと体に入っていくのはカレーと五穀米入りご飯のぬくもり。ひさしぶりに、母の味を食べた気がする。

「よかったらまたお裾分けしてもいいかしら」

裾野さんはうれしそうに笑った。
私は思わずうなづいたのだった。

——第三話へつづく…

 
編集部スタッフがお話の中に登場するお料理を再現してみました♪ ぜひお話を読みながら一緒にお召し上がりください♪
五穀米とナスのカレーライス

Orinosuke Hiiragi / Novelist