1/365

お裾分け好きの裾野さん 第三話柊 織之助

仕事が終わり、ビールを開けようとした時だった。

ピーンポーン。

「琴乃ちゃんいる?」

あれから裾野さんは、ことあるごとにお裾分けしてくれるようになった。

「いますよ」

「今日はぬか漬けを作ってみたんだけど」

玄関を開けると、ぬか漬けの入ったパックを手に持った裾野さんがいた。

「ぬか漬け、久しぶりに食べます」

「お酒ばっかり飲んでる琴乃ちゃんにいいかと思って」

バレてる。

「健康にいいのよ」

裾野さんは靴を脱ぐと、キッチンへと向かった。私も裾野さんも慣れたものだ。いつの間にか親子のような関係になっていた。

裾野さんは手慣れた様子でぬか漬けされた大根を洗って、包丁で切った。

「どうぞ」

小皿に乗せられた大根を、箸ではさんで口に入れる。カリッという音と一緒にうま味が口いっぱいに広がった。

「どう? お味噌汁も作ろうか?」

「……お願いします」

裾野さんがほほえんだ。
今日くらいはお酒はやめようかな。なんて思ったのだった。

——第四話へつづく…

 

Orinosuke Hiiragi / Novelist