1/365

お裾分け好きの裾野さん 第四話柊 織之助

「今日はなんと、鮎を持ってきました」

「鮎、ですか」

休日、裾野さんは嬉しそうだった。

「スーパーにあったの。珍しくてついたくさん買ったら余っちゃって」

「あー。魚って悪くなりやすいですよね」

「だから食べてくれないかしら」

「そういうことなら」

いつものように、裾野さんは私のキッチンに立った。塩を鮎のひれにつけ、身にも薄くつけていく。その後コンロで焼きはじめたかと思うと、あっという間にいい匂いが部屋中にたちこめていた。

「できたよ。手でつかんで食べるのが一番おいしいわ」

「いただきます」

手が汚れるのも気にせず、鮎の塩焼きをほおばる。

「おいひいです。出きたてのアツアツで」

「子どもたちもおかわりほしいってきかなかったのよ。その鮎は守りきったわ」

「でも、余っちゃったって」

「あら。そんなこと言ったっけ」

ふふ、と裾野さんは笑った。
そんな優しさが嬉しくて、つい私は鮎をおかわりしていたのだった。

 
——第五話へつづく…

Orinosuke Hiiragi / Novelist