1/365

龍のコインが来て、そして ⑦中臣モカマタリ

龍のコインが来て、そして

7.
『あ、うんの呼吸』

オフィスからの帰り道、めずらしく神社にお詣りした。狛犬さんが、あ、うん、と両脇に鎮座している小さな神社。龍のコインが来てからというもの、小さな不思議はあるのだけれど、決定的にいいことがあるわけでもないこともあって、つい、神様を試してみたくなった。で、「神様、おられるんだったら、その存在を私にも示してください」とお願いをしてしまったのだ。

神社の近くのカフェに入った。珈琲をたのんで、ああ、シュークリームもつけたいけど、つけたら効果てきめんだと思って、あきらめた。
そうしたら、あうんの呼吸というのだろうか、店員さんが「お客さま、もしよろしければこのシュークリーム、サービスでおつけしますので召し上がって下さい」と言ってくれたのだ。たぶんバイトの、まじめそうな男の子。
 
ああ、やっぱり、神様はいたんだ。お願いしてからあっという間だった。あうんの呼吸で、私のリクエストに応えてくれたのだ。
 

—第8話につづく

中臣モカマタリ / Novelist