1/365

龍のコインが来て、そして ⑧中臣モカマタリ

龍のコインが来て、そして

8.
『聞き酒』

のみの市というとパリみたいで聞こえはいいけれど、リアルフリマで、ビードロのおちょこを買ってきた。なにか、呼ばれているような気がしたのだ。

最近、日本酒にちょっとはまっているので、器を探していたこともある。はまっているといっても、そんなに本格的ではなくて、フルーティーなやつを、冷やしておいて寝る前にちょっとだけ飲みたいな、というくらい。

冷蔵庫の野菜室から日本酒を、そして、新聞の包みからおちょこを取りだす。ビードロはたしか、ポルトガル語でガラスをあらわす言葉。

お酒をいれると、ゆれている。なんだか、話しかけてみたくなって、しゃべると、話を聴いてくれるような気がする。まさかね、利き酒ならぬ、聞き酒、じゃないんだから。
でもまあ、愚痴をいってそれを溜め込んだお酒を飲むよりはと思って、今日一日を感謝して、ありがとう、と言葉をかけた上でお酒を飲んでみた。
あ、美味しい、と思った。

 

—第9話につづく

中臣モカマタリ / Novelist