1/365

龍のコインが来て、そして ⑫中臣モカマタリ

龍のコインが来て、そして

12.
『冒険の終わりはウサギ』

チョッキを着て、懐中時計を持って急いでいる人がいたので、追いかけて、地下鉄に乗った。これって、『不思議の国のアリス』のウサギだよね、と思いながら。いままでのわたしならやらなかったこと。

見失ってしまったので、適当な駅でおりたら、ベンチになくしたブローチが置かれていた。ああ、これで不思議な出来事もひとまずおしまいなんだと直感的に思った。

私は、途中から気づいてしまった。すべては龍のコインが連れて来た出来事なのだ。コインが寝返りをうったときからはじまったから、また裏返らないうちに、つまり、十二支でいえば龍の前、ウサギのエピソードが終わったときには、次の人に渡すべきなのだ。
 
私は次に渡す人を決めた。そして、その人の財布の小銭入れに、コインを放りこんだ。

もしあなたが、財布の中に龍の絵がかかれた明治30年の50銭硬貨をみつけたならば、それは、私が持っていた不思議な龍のコインかもしれないよ。

 

—了

中臣モカマタリ / Novelist

 
********************
オムニバス小説「龍のコインが来て、そして」全12話をお届けしました。ご覧いただき、ありがとうございます。

次回より、 泉カンナさんによる「空」をテーマにしたフォトエッセイ 「あなたが見上げた空は、あなただけの特別な空」(全12回)の連載をスタートします。忙しい毎日に“ふと”空を見上げて、小さな幸せを感じてもらえたら嬉しいです。

どうぞお楽しみに。
********************