1/365

龍のコインが来て、そして ⑪中臣モカマタリ

龍のコインが来て、そして

11.
『ホットケーキ日和』

休日の朝、パンケーキが食べたくなったので、つくることにした。といっても、ホットケーキミックスで、だけれども。ステンレス製のセルクル型を手に入れたので、厚みのあるパンケーキが焼けるのだ。二段重ねにして、とっても特別なバターを四角く切って上に置き、メープルシロップをかける。ああ、美味しそう。

このバター、またもやフリマで手にいれたのだ。これはね、特別だよ、といってわけてくれた。食べ終わって窓の外を見ると、風景がぶんぶんと回っている。まるで電車に乗っているように通り過ぎていく。回っているということは、部屋に遠心力がはたらいていそうだけれど、部屋の中の重力関係はそのままで、窓の外だけが高速で回っている。
と、だんだんとゆるやかになって、しばらくすると止まって元の窓の外の風景になった。
 
まあ、龍のコインがいる間には、いろんなことが起こっても、だんだん不思議ではなくなってきているのだ。
 

—第12話につづく

中臣モカマタリ / Novelist