1/365

お裾分け好きの裾野さん 第六話柊 織之助

「電子レンジだけでプリンが作れるのをご存知ですか」

「急にどうしたんですか」

「プレゼンってこんな感じかなって。夫が毎日プレゼンが大変っていうのよ」

「まあ、大体はそんな感じですけど」

「耐熱容器ある?」

「陶器のやつなら」

「よかった。ちょっと待っててね」

裾野さんはそういうと、手際よく耐熱プリンに材料を入れていった。まずはカラメルを作って、その後にプリンの液を入れていく。

「これをレンジで一分、冷やす時間は一時間」

「そんな簡単にできるんですか」

裾野さんは満足げにうなづいた。

一時間後。

「見た目は本当にプリンだ」

「味もプリンよ」

一口、食べてみる。

「ね、プリンでしょ」

裾野さんはそう言いながら、今日もほほえんだのだった。

 
——第七話へつづく…

Orinosuke Hiiragi / Novelist