1/365

お裾分け好きの裾野さん 第七話柊 織之助

「今日うちで天ぷらしようと思うんだけど、味見してもらえないかしら」

会社帰りで言われたのは、なんとも魅力的なお誘いだった。天ぷらなんて後片付けが大変な料理だから、ずっと作ってない。かといって食べたくないわけじゃない。

「喜んで!」

なんて柄でもないのに、私は元気に返事をした。

「シソとちくわ」

「いただきます」

リビングに置いてある低いテーブルで、天ぷらをいただいた。

——ザクサクッ。

「美味しい。裾野さん、衣サックサクですごいです」

「片栗粉とマヨネーズを入れてるから」

「片栗粉は聞いたことありますけど、マヨネーズもですか?」

「それだけじゃないのよ。衣に氷を入れて冷やすのも大事」

「結構大変そう」

「そんなことないよ。今度一緒に作る?」

裾野さんとなら、たまには手間のかかる料理もいいかな。なんて思えたお裾分けだった。

 
——第八話へつづく…

Orinosuke Hiiragi / Novelist