1/365

お裾分け好きの裾野さん 第八話柊 織之助

そろそろ、外の気温が高くなってきて、冷たいジュースでも飲みたくなってきた時期。

裾野さんはバナナをお裾分けしてくれた。その上バナナジュースを作ってくれるらしい。

ただ一つ問題が

「うち、ミキサーないですよ」

バナナを混ぜるのに必要なミキサーは生憎ない。

「大丈夫。真空パックみたいな袋さえあれば」

「それなら、うちにも」

「使ってもいい?」

「いいですけど……。でもどうやって」

「この袋にバナナを入れて潰すだけなの。バナナジュースくらいならミキサーなくてもいけるわ」

裾野さんがコップに潰したバナナ、ヨーグルト、牛乳、砂糖、氷を入れていく。

「夏バテにぴったりよ」

裾野さんのいうとおり、冷えたバナナジュースは体の熱を取り払ってくれた。

——第九話へつづく…

 

Orinosuke Hiiragi / Novelist