1/365

お裾分け好きの裾野さん 第九話柊 織之助

「南蛮漬けってなんですか?」

今日の裾野さんは、ちょっと酸っぱい匂いと一緒にやってきた。おいしそうな匂いは、裾野さんの持っているお皿から。

「東南アジアを経由してやってきたポルトガルやスペインのことを“南蛮”っていっていてね。だから南蛮からやってきた料理ということで、南蛮漬けなの」

「歴史から教えてもらえるとは」

「味も美味しいのよ。ご飯に合うの」

最近は裾野さんが来るだろうタイミングに合わせて、ご飯を炊くようになってしまった。いつもならコンビニ飯で済ませていた夕飯も、今では健康的になった。

「たれ?みたいなのが魚の衣に吸われていて美味しいです」

初めて食べる南蛮漬けだったけど、なんだか懐かしい味がしたのだった。

 
——第十話へつづく…

Orinosuke Hiiragi / Novelist